【大好きな時間】真夜中の読書会 おしゃべりな図書室

真夜中の読書会 おしゃべりな図書

こんにちは、50代主婦のはにゃみです。

 

あなたは心がリラックスする時間を持っていますか?

 

何をしている時が1番ワクワクしますか?

 

リラックスとワクワクが同時に感じられる時間を私は持っています。

 

それは偶然、Spotifyで本に関するポッドキャストを探すことから見つかったのでした

ミモレラジオ局 「真夜中の読書会 おしゃべりな図書室」

 

私は元々本を読むのが大好きです。

 

ところが例に漏れず老眼のために文字を読むのが大変になっていました。

そこで家族で契約しているSpotifyのPodcast(ポッドキャスト)の中に本を扱うものがないか探したのです。

 

【50代】1冊丸ごと聴く読書 オーディブルを全力でおすすめする理由
【50代】1冊丸ごと聴く読書 オーディブルを全力でおすすめする理由老眼が進んだ50代、60代に、1冊丸ごと聴く読書 オーディブルを全力でおすすめする理由...

 

Podcast(ポッドキャスト)とは

 

ポッドキャストとは・・・

⚫︎スマホ、PC、タブレットを使って聴くことができるラジオのようなもの

⚫︎ラジオと違い、保存型の番組なので配信中なら繰り返し、好きな時間に聴くことも、中断することもできます

 

そこで出会ったのが

講談社 ウェブマガジン「mi-mollet(ミモレ)」
真夜中の読書会 〜おしゃべりな図書室〜」でした。

 

 

 

HPでは記事も音声もどちらも楽しめますよ!

もちろん無料です!

 

 

声と話し方が安心感を生み出す

 

この番組が大勢から支持されるのは、番組の内容が良いからという理由だけではありません。

パーソナリティーのバタやんの声と話し方に癒されることも大きいと感じます。

 

本を紹介しつつ、バタやんの率直な思いが心地いいのです。

等身大の自分が本と向き合えば、それでいいのだと思わせてくれます

 

無理して何かを感じなければいけないとか、勉強になったことがあったとかそういう読み方はしなくていいのです。

 

日常の経験の中で、モヤモヤしていた気持ちの正体をバタやんが言語化してくれることも多く、飾らない普通の感じが最高に素敵なんです

 

私と同じ感想を持っている人は多いはずです。

 

読書家でなくても面白い内容

 

そもそもこの番組の良いところは、読書好きでなくても楽しめるところです。

毎週リスナーから届いた質問やお悩みに対して、一冊の本をお薦めするスタイルなんです。

それが私たちの日常に関係のあることばかりなのです。

 

本をお薦めするにあたって、バタやんが自分の体験や考えを話す、それが沁みるのです。

本当に1回聴いてみてください。

 

111回で最終回を迎えました

 

実は悲しいことに、2022年6月8日に最終回を迎えられました〜

 

全部で111夜のポッドキャストです。

 

1回がとても短いので、気がつくと3夜分聴いていたりします。

 

気軽に聴いてみてくださいませ。

 

 

 

バタやんとは

 

最後に講談社の社員さん バタやんとは・・・

 

講談社 人事部長 兼 広報室担当部長。
1979年生まれ。身長151cm。2002年講談社入社後、広告部、「with」「VOCE」「FRaU」、デジタル部、雑誌マーケティング部、新雑誌研究部など、女性誌のWEBサイトリニューアル、新雑誌創刊などを担当。2015年「ミモレ」編集部にて編集次長兼 ブランドマネージャーを務め、2022年人事部へ。

ミモレHPより引用

また、あの素敵な声を聴くことができるといいなと思います。

 

アイキャッチ オーディブルを始めよう
【オーディブル体験レポート】「同志少女よ、敵を撃て」耳読のすすめオーディブルで耳から本を読むってどんな感じ? 無料体験をしてみました。...
【40代 50代】言葉がスラスラ出てますか?アウトプットが重要です
【40代 50代】言葉がスラスラ出てますか?アウトプットが重要です【40代 50代】言葉がスラスラ出てますか?記憶にはすぐにアウトプットすることが重要です。...
ABOUT ME
はにゃみ
50代主婦のはにゃみです。 都内在住、子供が2人の4人家族です。 主婦のソロ活動についての記事をメインに書いています。 フットワーク軽くどこへでも行ける60代を目指しています。 好きなもの 自転車、ねこ、韓国料理、インド料理、キャロットケーキ、映画
関連記事